なぜ無料なのか

着手金は、本来規定がありました。現在では旧規定と呼ばれることが多くなりましたが、最低は10万円で、あとは経済的利益に対しての割合で規定されていたため、かなりの金額が発生することになります。経済的利益という面がわかりにくかったこともあって、ある程度統一されるようになってきたといえるでしょう。無料になっている場合には、交渉をスタートするときに請求されないといったかたちです。成功報酬の中に着手金と同様の費用が含まれてくるため、総額として考えれば、ほとんど違いはありません。

相談ですが、初めに費用を支払うというのは、あまりにも理不尽なことは確かです。本来、交通事故に遭った被害者なのであり、自分で費用を支払って交渉に臨むというのは、おかしな流れともいえるでしょう。これが弁護士に依頼するきっかけを失うポイントともなってくるため、着手金を無料と設定しているところが増えました。これによって、相談できるチャンスは拡大し、交渉もうまく進められるようになるでしょう。着手金を無料としていて、交通事故案件を多く扱っている法律事務所もありますので、まずは交通事故被害について弁護士へ相談してみることをおすすめします。そうすることでこの先の交渉について道筋が見えてくるでしょう。