未分類

なぜ無料なのか

着手金は、本来規定がありました。現在では旧規定と呼ばれることが多くなりましたが、最低は10万円で、あとは経済的利益に対しての割合で規定されていたため、かなりの金額が発生することになります。経済的利益という面がわかりにくかったこともあって、ある程度統一されるようになってきたといえるでしょう。無料になっている場合には、交渉をスタートするときに請求されないといったかたちです。成功報酬の中に着手金と同様の費用が含まれてくるため、総額として考えれば、ほとんど違いはありません。

相談ですが、初めに費用を支払うというのは、あまりにも理不尽なことは確かです。本来、交通事故に遭った被害者なのであり、自分で費用を支払って交渉に臨むというのは、おかしな流れともいえるでしょう。これが弁護士に依頼するきっかけを失うポイントともなってくるため、着手金を無料と設定しているところが増えました。これによって、相談できるチャンスは拡大し、交渉もうまく進められるようになるでしょう。着手金を無料としていて、交通事故案件を多く扱っている法律事務所もありますので、まずは交通事故被害について弁護士へ相談してみることをおすすめします。そうすることでこの先の交渉について道筋が見えてくるでしょう。

未分類

弁護士特約

弁護士に依頼する場合には、費用がかかることになります。ところが保険の中には、弁護士特約を組んでいるという場合があるでしょう。特約に加入しているときに、どこを補償するのかというのが重要になってきます。

特約弁護士費用を肩代わりしてくれる特約ですが、一般的には交渉に関わる費用を負担しなくて済むようになります。年間で計算してもわずかな金額で済む便利な特約ですが、相談料から始まり、かなり大きな金額が補償されるため裁判になってもほぼ心配がいりません。着手金に関してもこの特約があれば安心です。

着手金が無料になっているところに相談した場合、その後の成功報酬に使われることになりますが、かなりの金額をカバーできるようになります。実際に成功報酬も安いわけではありません。交渉にかかる日数も長くなりますし、さまざまな書類の用意も出てくるからです。その報酬をカバーできるようになるのですから、弁護士特約はつけておくというのが、現代人の賢い利用方法といえるでしょう。残念なことですが、交通事故によって死亡してしまったときや後遺障害が残ってしまったようなときであっても、弁護士を活用しやすくなる重要なポイントといえるでしょう。

未分類

着手金とは

交通事故にあってしまったときには、保険会社に相談するとともに、弁護士に依頼することを考えていかなければいけません。ですが、普段から弁護士を利用している人は心配はいりませんが、ほとんどの人はそうではないでしょう。そうなると、なにから始めていいかわかりません。交通事故の案件だけではなく、無料相談を実施しているところも増えました。連絡を入れれば、お互い都合のいい時間で相談ができるようになっているほか、費用も掛からなくなったことで、かなり身近な存在になってきました。それでも、最終的には費用が発生することになりますが、そこで出てくるのが着手金です。

着手金着手金とは、弁護士が活動をスタートするために必要な資金と考えるとわかりやすいでしょう。この費用を持って活動していくことになりますが、そのほかにも交渉が成功した時の報酬なども発生していきます。あくまでも依頼を受けた時に発生するのが着手金だからです。最近では完全成功報酬といったかたちをとるところも出てきました。費用の設定が自由化されて縛られなくなったことで、成功した時にすべての報酬をもらうかたちにしたことによって、着手金も無料になるというかたちで、便利な方法でしょう。つづいて弁護士特約について説明していこうと思います。

未分類

交通事故と弁護士

交通事故は、だれもが遭いたくないものです。肉体的にも精神的にも大きな痛手を負うことになるでしょう。さらに、財産にも傷がつくことがほとんどです。元に戻してほしいと思っていても、傷ついたものは戻せないこともよくあります。だからこそ、正当な費用を請求することもおこなっていかなければなりません。しかし、この交渉はなかなかうまくいかないことがほとんどです。

交通事故自分自身が交通事故の被害者であったとしても、交渉がうまくいかないのにはいくつもの理由があります。本来であれば被害者は、交通事故さえなければ、なにも問題なく生活もできて板でしょう。ところが、被害を受けても、相手側の保険会社は商売ですので、できるだけ支払いたくありません。相手は保険の専門家であり、いろいろな理由をつけて交渉に臨んできます。この状況の中で、交渉にも保険にも交通事故に関しても素人であることが多い被害者が望んでも、うまくはいきにくいのは当然です。思っている以上に低い評価になってしまうというのも、不思議な話ではありません。

保険会社の担当者も、自分の顧客の利益を最大化させなければならないのですから、保険会社が悪いわけではないでしょう。だからこそ、被害者側も交渉の専門家を使っていくことが必要になってきます。弁護士に相談する意味はここにありますが、弁護士に依頼する場合には着手金など費用の問題もありますので、相談する前に参考にしてみてはいかがでしょうか。